自分のスキルに繋げよう

行政書士の仕事内容

国家公務員の資格

試験を受けて合格すれば、行政書士として働けます。
それも自立したい女性から人気がある資格なので、詳しくしらべてください。
行政書士は、書類の代筆を担当できる仕事になります。
税務署に提出する書類や遺言書など、世の中には様々な書類があります。
複雑な書き方をする書類も多く、慣れていない人にとっては難しいかもしれません。

自分で書けないと思った人は、行政書士に任せます。
何を依頼されても良いように、それぞれの書類の書き方をマスターしておきましょう。
最初は年収が500万円ほどですが、たくさんの人から依頼されるぐらい人気になれば1000万円を超えます。
依頼人を増やせるよう丁寧に接客したり、わかりやすく書き方を教えたりしてください。

事務所を探してみよう

独立を目指していても、資格を入手していきなり独立するのは難しいです。
最初は事務所に所属して、そこでも仕事を勉強してください。
もちろん資格を獲得するためにたくさん勉強したと思いますが、それだけでは足りません。
現場に出て、始めてわかることもあります。
実体験を基にすることで、より依頼人に寄り添って仕事ができるでしょう。

経験を積んだら、独立してください。
その際は資金が必要になるので、準備しておきましょう。
最初から独立が目標なら、フォローしてくれる事務所を選択するのが良い方法です。
資金を援助してくれたり、依頼人を紹介してもらえば独立を成功させやすくなります。
女性でも、独立して事務所を開けると覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る